多文化プロキューブへのリンク

多文化プロキューブインターン募集


World Kids Communityからのメッセージ
スペイン語母語教室風景 滞日化が進み多様な背景を持つ子ども達が増加する今日、 日本教育においてこうした子ども達への対応は未だ 不十分な状況です。
 子ども達が「違い」を恐れることな く、自己のアイデンティティを確立できる環境作りは 必要不可欠と言えるでしょう。
 多様な文化的社会的背景を持つ子ども達個々に応じた 対応により、子ども達とその親達が未だ日本社会に残る 単一民族思考を変え、多民族・多文化共生社会を築いて くれることを期待し私たちは活動を続けています。
2つ以上の言葉の狭間で生きる子どもたち ―バイリンガル教育を考える国際シンポジウム―


2つ以上の言語環境で生きる子どもたちが理解力・思考力・表現力を不足なく学習できるよう、1人1人の言語習得状況を考慮した教育について考える国際シンポジウムです。

日 時: 2015年8月27日(木) 18:00 ~ 21:00 (開場 17:30)
場 所: 兵庫県教育会館ラッセホール
リリーの間
 〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通4丁目10-8

◎神戸市営地下鉄「県庁前駅」下車、徒歩5分
◎JR・阪神「元町駅」下車、徒歩8分
◎JR・阪急・阪神・神戸市営地下鉄「三宮駅」下車、徒歩15分
◎高速「花隈駅」下車、徒歩15分



内 容:

1.基調講演:“すべての言語は平等です”― アメリカ・ミシガン州における日本
語・英語のバイリンガル教育の実践から
 講師:テッド・デルフィア氏(Michigan Japanese Bilingual Education
Foundation 会長)

2.インタビュー:ロサ イセラさんに聞く“わたしのことば、わたしの道”
ロサ イセラ・ドミンゲスさん(サンタクルス日本語普及学校 教師)
聞き手:松原 ルマ ユリ アキズキ(映像作家)

3.シンポジウム ~多言語の子どもたちの教育現場から~
パネリスト:
 テッド・デルフィア
 朴 亨植(仁川ハンヌリ学校 校長)
 秋宗 英生(兵庫県立国際高等学校 校長 / 兵庫県立芦屋国際中等教育学校 前
校長)

モデレーター:
 吉富志津代(ワールドキッズコミュニティ代表/大阪大学GLOCOL 教員)
コメンテーター:
 落合知子(神戸大学 研究員)
 ロサ イセラ・ドミンゲス

参加費: 無料(事前申込不要)
同時通訳対応:英語・韓国語・スペイン語(要事前申込)
託児サービス: 無料(要事前申込)

共 催:ワールドキッズコミュニティ、関西母語支援研究会、アジアンブリッジ、大阪大学グローバルコラボレーションセンター、関西ブラジル人コミュニティ、ひょうごラテンコミュニティ、ベトナム夢KOBE、神戸コリア教育文化センター、たかとりコミュニティセンター

後 援(予定):兵庫県、神戸市、兵庫県教育委員会、神戸市教育委員会、公益財団法人兵庫県国際交流協会、公益財団法人神戸市国際協力交流センター

助 成:トヨタ財団

実施・企画:「2つ以上の言葉の狭間で生きる子どもたち」実行委員会

問い合わせ先:ワールドキッズコミュニティ
〒653-0052 神戸市長田区海運町3-3-8 たかとりコミュニティセンター内
電話番号 ( 078 )736 -3012
Eメール kids@tcc117.org
HP http://www.tcc117.org/kids/
わたしのことば、わたしの道 ~外国につながる子どもたちの言語教育の実践から~
photo

さまざまな課題を抱える現在の教育環境において、多様性を活かすことで見えてくる大きな可能性のために、外国にルーツをもち二つ以上の言語環境で暮らす子どもたちにとっての言語形成をみんなで考えてみませんか。

日 時: 2014年9月23日(火) 13:30 ~ 17:00
場 所: 神戸市勤労会館 2階 多目的ホール
 〒651-0096 神戸市中央区雲井通5丁目1-2

内 容:
1.基調講演:「・・・・世の中は日本語だけじゃない!」
 講師:サニー・フランシス(タレント/ラジオDJ)
 
2.パネルトーク:若者が語る「わたしのことば、わたしの道」
 パネラー:重井アマンダ、MCナム、祖艶、松原ルマ ユリ アキズキ
 モデレーター:小林芽里(浜松NPOネットワーク事務局長)
 コメンテーター:サニー・フランシス、松田陽子(兵庫県立大学)

3.映像上映:母語、バイリンガル教育を考える
 ①日系ブラジル人3世の映像作家・松原ルマ ユリ アキズキによるドキュメンタリー
 ②アメリカ・ミシガン州で日本語と英語でのバイリンガル教育を実施している
チャータースクール“ひのきインターナショナルスクール”紹介


4.PR:県内における教育実践の紹介
 神戸市及び周辺地域において、ポルトガル語、スペイン語、ベトナム語、韓国
朝鮮語など、母語を視野に入れた教育の実践者によるアピール。

5.関係機関への提言内容についての意見交換

 司会進行:吉富志津代(ワールドキッズコミュニティ代表/大阪大学GLOCOL)


参加費: 無料  
共 催:ワールドキッズコミュニティ、関西母語支援研究会、大阪大学グローバ
ルコラボレーションセンター、関西ブラジル人コミュニティ、ひょうごラテンコ
ミュニティ、ベトナム夢KOBE、神戸コリア教育文化センター、たかとりコミュニ
ティセンター

後 援:兵庫県教育委員会、神戸市教育委員会、公益財団法人兵庫県国際交流協
会、公益財団法人神戸市国際協力交流センター

助 成:トヨタ財団
実施・企画:バイリンガル提言プロジェクト「わたしのことば、わたしの道」実
行委員会
問い合わせ先:ワールドキッズコミュニティ
電話番号 ( 078 )736 -3012
Eメール kids@tcc117.org
HP http://www.tcc117.org/kids/
Shake Forward! 2011 in 大阪 開催!
8月6日(土)7日(日)の二日間、「Shake Forward! 2011 in 大阪」が開催されます。
一日目は道頓堀でのラジオ生収録と交流会!
二日目は大阪大学豊中キャンパスにて「ミックスルーツ国際学術フォーラム2011」が開かれます。

詳細はこちら、またはチラシをご覧ください。
なお公開ラジオ収録以外は事前予約が必要ですので、参加を希望される方はご確認をお願いいたします。


ひょうごラテンコミュニティは、2011年4月1日よりワールドキッズコミュニティから独立しました
ひょうごラテンコミュニティは、2011年4月1日よりワールドキッズコミュニティから独立しました
電話番号およびメールアドレスが変更になっていますので、詳しくはこちらからご確認ください

今後の活動についてはひょうごラテンコミュニティの発行雑誌「Latin-a」公式サイトまたはひょうごラテンコミュニティFacebookファンページをご覧ください

これからもたかとりコミュニティセンターの仲間として活動を続けていきます!
みなさま応援のほどよろしくお願いします!
Latin-aがWEBでみられます!
日本在住のスペイン語圏中南米系に人気の「Latin-a」がWEBで御覧いただけます。
もちろんカラーでお届け!
最新号も発行後すぐWEB公開!バックナンバーも25号まで公開中!
ワールドキッズコミュニティトップページ右側よりLatin-aのサイトへお越しくださいませ

Facebookのファンページもありますよ星
多文化ユースの力
                     photo

全国各地で多文化な青少年たちが音楽やダンスなどの表現/発信活動に力を注いでいます。 ワールドキッズコミュニティでは、そうした青少年たちの連携強化に努めています。そんな彼らの多文化ユースパワーを紹介する特設ページを設けました。

外国にルーツを持つ子どもたちのネットワーク構築の基盤づくり
                     photo

ワールドキッズコミュニティでは、多文化な文化背景をもつ青少年たちが取り組むラジオ番組制作プロジェクトをサポートしています。

現在、神戸市長田区の多文化・多言語コミュニティ放送局「FMわぃわぃ」で、4グループがそれぞれ毎月1本番組を制作し、 放送しています。

各プログラムはインターネット放送、それぞれの番組ブログと連動しており、試聴方法とブログへのアクセス、最新記事へアクセスするための入り口として特設ページを設けました。

「性教育ハンドブック」
リリース!
                       photo                      

●2012年度を通して取り組んだ性教育ハンドブックがリリース!
このハンドブックはRe:Cの活動に参加する女子中高生Nちゃん、Kちゃんと協力して制作しました。
HIV感染者が増加の一途を辿る現実とインターネットの普及によって異性との出会いが容易になった今、
青少年がSEXをすることで巻き込まれうるトラブルについて 正しい知識と回避方法を伝えたいという思いでこのハンドブックを作製しました。

●言語/英語、中国語、スペイン語、ベトナム語(それぞれに日本語併記)

●発行/ワールドキッズコミュニティ