地域の外国人はコミュニティ放送局の理事になれない?
「コミュニティ放送の運営から排除される外国人住民」
もっと詳しく
東北地方に生まれた臨時災害FM局をサポート

東日本大震災で被災したまちにいくつかの臨時災害FM局が立ち上がりました。

被災地では最も身近な情報源として大きな役割を果たしています。
震災をきっかけに生まれたFMわぃわぃが、歩き始めたばかりのこれら放送局のために支援活動をしています。

関連記事を読む

インドネシアで”災害に強いまちづくり”

2010年に起きたインドネシアのメラピ山噴火。 この災害で傷ついた地域でコミュニティラジオを活用した災害に強いまちづくりが始まっています。 FMわぃわぃも現地に事務所を設置して、この国境を越えた活動に参画しています。

活動レポートを読む


「もっと人と人をつなげたい」
コミュニティ放送局だからもっと人が集まり、人がつながる仕掛けづくりをしたい。そのための予算を付けるために。
共感寄付
FMわぃわぃと「ゆる~く」繋がりませんか?
FMわぃわぃの動画サイト「わぃわぃTV」
グルメ、イベント、街並み・・・長田の魅力を映像で発信しています
わいわいTV
会員の皆様へお願い
メールアドレスや電話番号を変更されたら事務局までご一報ください。
過去の記事はこちら
たげんごいんふぉ
番組・スタッフブログ
Powered By 画RSS
PR
株式会社オートミ
PR
USTREAMでLIVE配信中

Live streaming by Ustream  

浪江村からの避難の特別番組~終わってもいないのに風化しようとしている~見えない空の下で

見えない空の下で

特別番組放送のお知らせです。番組名はラジオドラマ「見えない雲の下で」
このドラマは福島県浪江町(なみえまち)出身の佐々木ヤス子さんが、福島第一原発の事故直後から始まった仮設住宅での避難生活を綴った自叙伝をもとに作られました。
FMわぃわぃでの放送日時
9月11日火曜日14時半~15時
再放送9月15日土曜日「KOBEながたスクランブルの」の番組内、12時半~13時、
再放送9月16日日曜日「ピックアップわぃわぃ」
16時~16時半の、3回放送します。

佐々木ヤス子さんは、今年の6月、愛する故郷に帰ることなくお亡くなりになりました。大変残念に思います。
「終わってもいないのに風化しようとしている原発事故、それが悔しい」という佐々木さんはじめ、浪江町の方々の声に、後押しされ制作されたラジオドラマ「見えない雲の下で」
番組制作は“物語は町を元気にする”そんな想いで活動されている広島の市民グループ「まち物語制作委員会」です。

郵便番号653-0052
神戸市長田区海運町3-3-8
地図をみる
TEL:078-737-3196 FAX:078-737-3187
PAGE TOP ↑

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...