地域の外国人はコミュニティ放送局の理事になれない?
「コミュニティ放送の運営から排除される外国人住民」
もっと詳しく
東北地方に生まれた臨時災害FM局をサポート

東日本大震災で被災したまちにいくつかの臨時災害FM局が立ち上がりました。

被災地では最も身近な情報源として大きな役割を果たしています。
震災をきっかけに生まれたFMわぃわぃが、歩き始めたばかりのこれら放送局のために支援活動をしています。

関連記事を読む

インドネシアで”災害に強いまちづくり”

2010年に起きたインドネシアのメラピ山噴火。 この災害で傷ついた地域でコミュニティラジオを活用した災害に強いまちづくりが始まっています。 FMわぃわぃも現地に事務所を設置して、この国境を越えた活動に参画しています。

活動レポートを読む


「もっと人と人をつなげたい」
コミュニティ放送局だからもっと人が集まり、人がつながる仕掛けづくりをしたい。そのための予算を付けるために。
共感寄付
FMわぃわぃと「ゆる~く」繋がりませんか?
FMわぃわぃの動画サイト「わぃわぃTV」
グルメ、イベント、街並み・・・長田の魅力を映像で発信しています
わいわいTV
会員の皆様へお願い
メールアドレスや電話番号を変更されたら事務局までご一報ください。
過去の記事はこちら
たげんごいんふぉ
番組・スタッフブログ
Powered By 画RSS
PR
株式会社オートミ
PR
USTREAMでLIVE配信中

Live streaming by Ustream  

来週7月26日土曜日@鉄人広場「全料飲フェア2014」阪神淡路20年~1.17は忘れない

2014全料飲フェア

2014年7月19日土曜日「KOBEながたスクランブル」13時からのコーナーは26日開催の「2014全料飲フェア」のお知らせです。
兵庫県川久さん理事長林さん副理事長美除さん

ご出演は兵庫県喫茶飲食生活衛生同業組合林理事長、美除副理事長、公益財団法人兵庫県生活衛生営業指導センター川久事務局長をおむかえしてお話していただきました。
http://www.crp-hyogo.com/article/100508104.html
兵庫県川久さん理事長林さん副理事長美除さん

MAP

毎月第2金曜日「まちはイキイキきらめきタイム」のハロー長田13時からは長田消防のご出演です。

2014年7月11日放送(ハロー長田)

まちはイキイキきらめきタイム、第2金曜日のハロー長田は、長田消防署のご担当。7月11日は長田消防署 消防第1係 谷澤大輔さん。

谷澤さんは昨年4月に長田消防署に配属されたが、それまでは中央消防署、兵庫消防署に勤務されていた。勤務経験から3か所の消防署の違いについて伺った。中央消防署は神戸市で一番の繁華街であることから、救急、消防共に出動件数が多く、酔っ払いに対応することが多い。救急事案であっても、現場には救急と消防の両方が出向き、救急隊員に暴力を振るうこともあるので制止したりすることがある。兵庫消防署の場合、湊川公園の北側で東山商店街に隣接しているという場所柄、ため、市民がフレンドリーに消防署の中に入ってくる。受付勤務の時に、関係ない人が、ただ話をしにくることがあるが楽しかった。

 夏本番に向けて、川、海などで遊ぶ時の注意事項を伺った。急な川の増水により15分程度で流されたといった痛ましい事故が発生している。出発前に天気予報を確認し、雷が鳴っているのに出かけたり、子どもだけで出かけたりして事故に繋がらないように、また川の上流の天候が悪くなっている時には速やかに避難するようにしてほしい。ライフジャケットを用意しておくなど(子ども用のライフジャケットもある)、急な集中豪雨などに対応出来るような準備が大事です。新湊川の長田神社より上流側には、水位を表示する量水標が橋毎についているので気をつけてしてほしい。花火やバーベキューなどで火を使う機会が増えるので、使用後の後始末は確実の行うようにしてください。

 消防署が地域の皆さんと日常的に交流し、市民から親しまれる消防署を目指して頑張っておられるお話を伺い、うれしく思いました。

毎月第2金曜日「まちはイキイキきらめきタイム」の時間は、12時30分からは「技術のつくだ煮」今回は「おくすりこくり」の岸本豊彦さんです。

技術のつくだ煮:さくら工房3124 岸本さん

2014年7月11日、第2金曜日のまちはイキイキきらめきタイム「技術のつくだ煮」のゲストは、さくら工房3124の岸本さんです。

岸本さんは、片手でらくらく「おくすりこくり」を発明されました。15年ほど前に父親の介護をしていた母親が、父親が薬を飲む時に薬や水をこぼしたり、苦みを感じたりするので何かいい方法がないかと相談された事がきっかけです。

コップに水と薬を一緒に入れて飲む方法を考え、試作しました。最初の試作品は、プラスチックのコップに、錠剤を入れるポケット部分を取り付け、コップを傾けても水がコップ全体から出ないよう仕切り板を接着剤で固定させました。ポケット部の底にあけた穴からのみ水が通るようにしました(コップとポケット部が1体構造)。

試作品の問題点は、1体式のためコップの底の汚れをとるのが難しい構造であり、汚れると新たに作り直しが必要な事でした。その後、5年ほど前に母親がコップを必要になったのをきっかけに、汚れ防止のため洗浄可能なコップの開発を目指しました。コップと錠剤を入れるポケット部を分離することにしたが、ポケット部がコップにピタッとはまる材料探しに苦労しました。たまたま大きさの違う二つのコップのうち、大きいほうのコップの底の部分をポケット部に使うとよい事に気付きました。ポケット部は弁当についているソースの入れ物の下部を切り取り、底に穴をあけたものを利用しています。

試作品は配布した病院や近所の人に喜ばれたので、手作りではなく金型を作り製作することにしました。ネットで金型を試作してくれる会社を探し、ポケット部の金型を作りプラスチックで1000個作りました。製作のため1年分の小遣いを注ぎ込まれたそうです。出来た製品は必要とする方に配布しました。

福祉機器の展示会でPRしていた時に、長田区の明興産業の会長の目にとまり、存在理由のある商品は必ず受け入れられると言って商品化されることになりました。商品化に際しては当初錠剤服用コップと言っていたが、東北芸術工科大学の学生さんの支援を受けて「おくすりこくり」と命名されました。

もの作りにはずぶの素人の岸本さんが、個人で金型まで作っていい物をつくり、その甲斐があって商品化まで到達された長年の努力に敬意を表したいと思います。手の不自由な方、お年寄り、子どもさんにやさしいおくすりこくりの普及を祈念したいと思います。

「関西学院大学総合政策学部山中速人研究室」夏の特番「ヘイトスピーチを繰り返す人々の意識と行動~樋口直人さんをむかえて

徳島大学樋口直人さん

2014年7月15日火曜日13時からの関西学院大学総合政策学部山中速人研究室の夏の特番は、春に引き続き今回は徳島大学の樋口直人さんにおいでいただき、「ヘイトスピーチを繰り返す人々の意識と行動」と題して5週にわたってお送りします。
春の特番では、ヘイトスピーチを行う人々が、信奉する有識者、また政治家の中にある歴史認識ということを、能川さんに読み解いていただきました。
夏はこれらの行動の本体となる組織「在日特権を許さない市民の会=在特会」の中心にある人々を取材・インタビューしその中心となる人々の意識、そして行動を長く研究、解析されているご著書も多い徳島大学の樋口直人さんにお聞きします。
関西学院大学山中速人さん
聞き手は関西学院大学メディアの授業を担当されている山中速人さん
関西学院大学吉野太郎さん、神戸コリアン教育文化センター金信鏞さん
そして同じく関西学院大学物理を担当され、また長くご自身のライフワークとされている差別問題撤廃の活動をされている吉野太郎さんと神戸コリアン教育文化センターの金信鏞さんんにもそれぞれの立場、経験からその見解をお話いただきます。

南木曾町への支援のお願い

南木曾町への支援のお願い

南木曽救援募金

「山の人から神戸の人へ」と銘打って、阪神淡路大震災の直後から、
長野県にある南木曾町は町をあげて大量の材木を「たかとり救援基地」に届けて下さり
地域再生の大きな助けとなって下さいました。
昨日(7月9日)大雨の影響で南木曾町で土砂崩れがあり住宅、店舗、工場などが相当の被害を受け
中学生が一人犠牲となるなど大変残念な事態となっています。
また台風8号も接近してきておりまだまだ予断を許しません。

私たちは、恩人たちが住む南木曽町への支援を始めます。

まずは支援金をたかとり救援基地に届けて下さい。
私たちが集めるお金は大したことにはならないかもしれませんが繋がりを届けたいと思います。
振込用紙の備考欄に「南木曾町の人たちへのメッセージ」を添えてたかとり救援基地までお送りください。

 口座番号:01180-3-69377
 口座名称:鷹取教会 救援基地

皆さまご協力の程よろしくお願いいたします。

たかとり救援基地 神田裕
 NEXT >>
郵便番号653-0052
神戸市長田区海運町3-3-8
地図をみる
TEL:078-737-3196 FAX:078-737-3187
PAGE TOP ↑

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...