地域の外国人はコミュニティ放送局の理事になれない?
「コミュニティ放送の運営から排除される外国人住民」
もっと詳しく
東北地方に生まれた臨時災害FM局をサポート

東日本大震災で被災したまちにいくつかの臨時災害FM局が立ち上がりました。

被災地では最も身近な情報源として大きな役割を果たしています。
震災をきっかけに生まれたFMわぃわぃが、歩き始めたばかりのこれら放送局のために支援活動をしています。

関連記事を読む

インドネシアで”災害に強いまちづくり”

2010年に起きたインドネシアのメラピ山噴火。 この災害で傷ついた地域でコミュニティラジオを活用した災害に強いまちづくりが始まっています。 FMわぃわぃも現地に事務所を設置して、この国境を越えた活動に参画しています。

活動レポートを読む


「もっと人と人をつなげたい」
コミュニティ放送局だからもっと人が集まり、人がつながる仕掛けづくりをしたい。そのための予算を付けるために。
共感寄付
FMわぃわぃと「ゆる~く」繋がりませんか?
FMわぃわぃの動画サイト「わぃわぃTV」
グルメ、イベント、街並み・・・長田の魅力を映像で発信しています
わいわいTV
会員の皆様へお願い
メールアドレスや電話番号を変更されたら事務局までご一報ください。
過去の記事はこちら
たげんごいんふぉ
番組・スタッフブログ
Powered By 画RSS
PR
株式会社オートミ
PR
USTREAMでLIVE配信中

Live streaming by Ustream  

FMわぃわぃ地域のイベントに出張です~~「ながたっ子」祭@若松公園

ステージの司会

2014年9月14日日曜日快晴の中「ながたっ子祭」開催です。
地域で子どもを守り育てる!その思いでつながったさまざまな団体が協力して行います。
FMわぃわぃも司会!で参加。担当は、土曜日の「KOBEながたスクランブル」担当の濱野和美さんとベトナム語番組の「ナムチャンネル」のナム君です。
音響

そして音響!こちらもインターンの佐藤晴菜さんと李チャンファン君二人を従えて、2か所での音響設備を設置しています。
子どもたちの祭り

会場の中はたくさんの子どもを中心とする屋台が出ます。
韓国人留学生  李チャンファンさん

立命館大学の韓国人留学生チャンファンも、地域の行事を体感し、「たかとり」での活動の大きな柱!地域で子どもを育てるの実感のためお手伝いに来てもらいました。
靴とばし大会

そして一番のメインイベントは「靴の街 長田」らしく、靴とばし大会です。

今回の「まこちゃんのご近所談義」小学校5年生から「たかとり」に出入りしているヴィエットがゲストです。

ヴィエット

2014年9月13日土曜日の午後4時からは「まこちゃんのご近所談義」
いつも「たかとり」に来ているインターン生をゲストに招きますが、今回は小学校5年生から大学4年の今まで「たかとり」に出入りしているベトナム人レイ・コン・ヴィエット君がゲストです。
収録風景

なかなか番組出演しない彼ですが、今日はイキイキとまこちゃんとおしゃべりが弾みます。
ヴィエット

3年に一度はベトナム・ハノイに帰る(といってもベトナムパスポートではなく、日本の再入国カードでの移動ですが)ヴェエット君は、日本の学校で勉強してきましたが、ベトナム語を聞いたり、話せたり、読めたりできるバイリンガルです。
その力を生かして、ベトナムとの貿易をする会社に就職が決まっています。
ただなかなかベトナムでは、本国人のようにはいかず、入国やバッゲージのところで、いろんな難関が待っていたようです。
みなさんも外国(その国の言葉があまりできないときは)困ったときは、自分の一番得意な国の言葉で、伝えましょう。それが一番良い解決方法のようです。

日本網膜色素変性症協会主催兵庫県支部主管「世界網膜の日in兵庫」開催!

プロジェクトリーダー高橋政代さん

新聞、テレビを賑わしているiPS細胞の臨床手術を成功させた神戸理化学研究所の発生・再生科学総合研究センター 網膜再生医療研究開発プロジェクト・プロジェクトリーダー高橋政代先生の医療講演会が、9月21日日曜日「世界網膜の日in兵庫」会場ポートアイランドのポートピアホールで開催されます。
ガイドのみなさんも

主催は日本網膜色素変性症協会(JRPS)主管はこのお写真の3人の理事長、副理事長の属している日本網膜色素変性症協会(JRPS)兵庫県支部が行います。後ろにいらっしゃるのは、3人の方のガイドさんです。
濱田さん

副理事長の濱田明展さんは、以前からFMわぃわぃとは長いお付き合い、FMわぃわぃの会員で、支援者、そして毎月第1水曜日には地域情報を担当いただいております。
伊藤さん 野村さん

こちらのお二人は、左副理事長の伊藤せつよさん、そして右は理事長の野村明紀さん。理事長の野村さんは難聴者でもありますが、会社勤務の方でもあります。
JRPS兵庫支部のみなさん

この高橋さんの快挙も非常に重要なことではありますが、この機会に「世界網膜の日」という世界的な日のことも、世界に300万人の患者がいるということも知っていただきたいと思います。
またJRPSでは、研究助成金を毎年300万円ご自分たちで積立、応募された研究者のみなさんに授与されています。
高橋政代さんも何年も前に、この研究助成金を受けた方であります。
地道な研究とそれをしっかり支える患者の会の思いが結集した、今回の「iPS細胞(人工多能性幹細胞)から変成した網膜細胞の移植手術」の成功と言えるでしょう。

われら学校放送部~兵庫県立須磨須磨友が丘高等学校~

須磨友が丘高校放送部

われら学校放送部は、毎週土曜日の午後5時10分~5時59分までの44分間。前半後半に分け、毎週2校づつが担当しています。
高校生たちの放送は、すでに19年、阪神淡路大震災から始まり、その最初はこの須磨友が丘高校の高校生でした。
かれらはすでに30代後半!!!社会の中堅にいます。その人たちから今の高校1年生15歳の人たちまで、つながっている放送です。
この繋がっている、時間の長さと参加している人々の総数、、、それがこのコミュニティラジオFMわぃわぃの存続意義の一つです。

9月6日「KOBEながたスクランブル」の13時からのゲストは「くもの会」

くもの会和田さんと柏木さん、そしてパーソナリティたまちゃん

「くもの会」は、空に浮かぶ雲!人々の知識の宝庫「cloud computing、クラウドcloud」、そしていろんなところに巣を張る蜘蛛、スパイダーマンよろしくいろんな人々を繋ぎとめるSpyderスパイダー、天からのカンダタ救いの一筋蜘蛛の糸、、、いろんな意味合いが含まれている会です。
その大元のコンセプトは、自分の「まち」を歩き、いろんな路地、建物、遺跡と出会い、それぞれを物語る多様な人と人の出会いをたどることで、「このまちがスッキャ~~ハート」「一生このまちに住むぅ~~」という「確信を持つこと」、「確信の連動の輪を起こすこと」、「そのまちに行きたい!というムードを盛り上げること!」そのための試みです。
今回のくもの会「レトロ&おしゃれな街に潜入?深江・岡本ツアー」
開催日程:2014年9月28日日曜日
集合場所:阪神深江駅改札口
集合時間:午前10時
解散場所:JR摂津本山駅
解散時間:午後4時
参加費用:3000円(お昼のお弁当・岡本有名お菓子・ケーキ・飲み物など)
申し込み・お問い合わせ:淡路屋 078-671-1939 kumonokai@gmail.com
************
行程:阪神深江→(岡本商店街有名店のお菓子を食べながら)→深江文化資料館→深江文化村跡(富永邸)→甲南山手駅前→朱鳥居→小路八幡神社(尼崎藩支柱遺跡)→西光寺(キリシタン灯篭)→岡本梅林公園(イノシシ見学)→料亭由門→北畑会館(岡本商店街灘寿司のお弁当)→北畑財産区のお話、岡本商店街のお話→JR摂津本山解散
 NEXT >>
郵便番号653-0052
神戸市長田区海運町3-3-8
地図をみる
TEL:078-737-3196 FAX:078-737-3187
PAGE TOP ↑

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...